カスタム工房便り
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
pc
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
LINKS
PROFILE
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark
夏の思い出

皆さんは今年の夏どんな事がありましたか?
主任は12年ぶりにバンド復活しました。今年の初めから予定はあったのですが
メンバー全員集まったのは本番1ヶ月前!週2時間の練習×5回でしたが
12年のブランクは感じなかったです。(それぞれソロ活動はしていたので)
このバンド、主任はベースで参加しています。今回のライブにあたりベースを
新調しました。まぁ中古なのですが・・・Fenderのプレベ80年代後期モデルでPUは
ディマジオ、ブリッジはバダス製に交換しています。(ロングサスティーン効果のため)
エレキギターの時はどちらかと言うと静。しかしこのバンドでベースを弾いている時は
【激】です!今回は全曲RAMONESを演奏しました。30℃の猛暑の中
最後までライダースを着て!!
久々に心の底から熱くなれた、そんな今年の夏の出来事でした。
| 音楽 | 21:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
Ibanez-2622AV Artist

たまに違うカテゴリーで・・・
主任は知っている方も居ると思いますが、ギターリストである。
始めたきっかけは79年初めてあるコンサートに行った事でした。その
アーチストはオフコース。鈴木康博氏のギターワークにシビレタ!
その鈴木氏が80年頃から使い出したのがIbanez-ARです。そのARシリーズの
ナンバードモデルのひとつ、2622AVを去年入手しました。
AVとはアンティーク・ヴァイオリンと言う事らしいです。製造年は78年
ボディトップ&ネックはメープル、ボディバックはマホガニー、そして
フレットはエボニーです。コントロール部はVO、BOOST、3BandEQ、
EQ-ON/OFFになっています。ピックアップはSuper80で暖かい音が出ます。
ロングサスティーンが出せるのはGibraltarと言うブリッジの効果です。
このギターが後のAR500シリーズに変貌していきます。
これがコントロール部です。

ボディーバックに鈴木氏がサインしてくれました!
このギターは、『ジャパン・ヴィンテージ[コレクション]Vol.3
アイバニーズの壱〜』に掲載されていますので見て下さい。

| 音楽 | 20:37 | comments(3) | trackbacks(0) | pookmark